このサイトでは、水道つまりのトラブルで時間をかけたくない場合に業者を選ぶときのポイントについて紹介してます。
業者を選ぶときのチェックするべき部分や出してもらった見積もりを確認することも大変重要です。
水道の修理会社は多数あり一般の人だとどこに依頼したらいいか迷いますし、緊急で直してもらわないといけないつまりだとつい焦ってしまいます。
中には悪徳な業者もあって高額な請求をされたりするため、信頼できるところを選ばないといけません。

水道つまりのトラブルには時間をかけたくない!業者選びのポイントを徹底解説

水道つまりのトラブルには時間をかけたくない!業者選びのポイントを徹底解説
緊急の水道つまりで早くトラブルを修理しないといけない場合、少しでも費用を抑えたいときはマグネットチラシの業者は避けた方がいいです。
時々新聞の折り込みチラシなどと一緒にマグネットチラシが入っていて、冷蔵庫の扉へ何枚も貼っているかもしれません。
基本的に全ての地域へ定期的に配布されていて、イメージキャラクターで芸能人を採用したり配布の人件費で多額な広告費がかかっていて、これらの費用は水道つまりの修理を依頼したお客が負担することになります。
基本料金は5,000円からとあるので一見安く感じますが、実際に依頼すると高額な見積もりを提示されて例えばトイレのつまりだと約18,000円ぐらいかかります。
出来ればマグネットチラシの会社は避けて、紙のチラシ・インターネットだけで広告を出している会社を選んだほうが費用も抑えられます。

水道つまりが起きている場合にチェックしたいポイント

水道つまりが起きている場合にチェックしたいポイント キッチンのシンクや洗面所などで水を流しても流れない場合には注意が必要です。
排水管に何かが詰まっていることでトラブルが生じている可能性があるからです。
水を流し続けていればそのうち流れるだろうと無理やりやる人もいるかもしれませんが、かえってトラブルが大きくなり溢れた水でフロアを濡らしてしまう恐れもあります。
被害を拡大させないためにも早めに水道つまりのチェックを行うようにしてください。
水道つまりのチェックを行うポイントとしては、水を流した時に流れが悪くなっている、もしくは完全に流れなくなり溢れてきてしまうかどうかです。
これらの症状が起きている場合には排水管に詰まっている恐れがあるため、水道は使わないようにした方が良いでしょう。
次にどの部分に水道つまりが起きているのかチェックを行います。
排水管の奥をライトで照らして何かが見える場合には、かなり近くの場所で詰まりが発生しているはずです。
この場合には修復も簡単で、先の長い棒などで詰まっている物を取り出せば解決できるケースがほとんどです。
一方で何が詰まっているのか目視できない場合は、排水管のかなり奥に詰まりが発生していると考えられます。
そのようなケースでは棒などを使って突いてしまうとかえってさらに奥に入ってしまうこともあるので、洗面所の下を開けて排水管を分解するなどの作業が必要です。

排水管つまりでお悩みの方はこちら!

排水管 つまり 下関市